女性化乳房の原因と治療法

ホルモン治療の副作用

とくに75歳を過ぎた高齢者では、手術を避けホルモン療法を行うことがあり、前立腺を摘出手術することなく、男性ホルモンを抑える薬剤によりがんの増殖を防ぐ方法として内分泌療法という方法がとられることがあります。
この治療を行うと男性ホルモンと結びつく受容体が遮断し、身体に女性化が進むことがあります。
体毛が薄くなり、逆に頭髪が生えるなどの副作用として現れます。
現在の発毛医療の原点は前立腺疾患の患者に投与した薬により発毛が確認されたという経緯で研究が進みました。
スポーツ選手が禁止されているドーピングですが、ドーピングで男性ホルモンを投与した場合、これを代謝させる際に女性ホルモンの働きが活発となり、女性化乳房となることがあります。
これは、ドーピングをやめることで元の状態に戻ります。
これらの原因は、強制的にホルモンバランスを崩すことが原因としてありますが、中には突発性の症状として乳房が膨らんでくることがあります。
思春期にホルモンバランスが乱れたり、更年期にホルモンバランスが乱れることで症状が出ることがあります。

原因はホルモンバランスの変化ホルモン治療の副作用稀なケースも

女性化乳房 原因女性化乳房修正術